俺の日本舞踊

「日本舞踊に関する情報が知りたい!」 このサイトでは日本舞踊を学ぶ人に、初心者向けからベテランの方、子供を習わせている親御様まで、日本舞踊の知識・上達のコツや伝統文化・着物の知識など、知ってて良かった!それが知りたかった!という情報をお届けします。

長唄「雨の五郎」歌詞と解説

日本舞踊で人気の長唄「雨の五郎」歌詞と解説です。 長唄「雨の五郎」解説 「曾我兄弟の仇討ち」で有名な、曾我時致(そがときむね)が主人公です。 曾我兄弟の弟である五郎(兄は十郎祐成(すけなり))が、鎌倉の遊女で恋人である、化粧坂(けわいざか)の…

長唄「元禄花見踊(げんろくはなみおどり)」歌詞と解説

日本舞踊で人気の長唄「元禄花見踊(げんろくはなみおどり)」歌詞と解説です。 元禄文化を代表する絵師で、浮世絵の祖ともいわれる、菱川師宣「上野花見の躰」より 「元禄花見踊(げんろくはなみおどり)」の解説 1600年代の後半、京・大坂の上方の町人を中…

長唄「羽根の禿(はねのかむろ)」歌詞と解説

日本舞踊で人気の長唄「羽根の禿(はねのかむろ)」歌詞と解説です。 青楼十二時 戌の刻(喜多川歌麿)花魁と禿が描かれています。 「羽根の禿(はねのかむろ)」の解説 「禿(かむろ)」とは吉原に勤める子供のことで、将来、立派な花魁になるべく、花魁た…

民謡「黒田節」歌詞と解説

日本舞踊で人気の民謡「黒田節」の歌詞と解説です。 モデルとなった武将「母里友信(ぼりとものぶ)」の銅像(JR博多駅前) 「黒田節」の解説 筑前の大名で黒田官兵衛の長男、黒田長政の部下と、福島正則の酒席のエピソードを元にした福岡県民謡。 ~~~~~…

端唄「萩桔梗(はぎききょう)」歌詞と解説

日本舞踊で人気の端唄「萩桔梗(はぎききょう)」の歌詞と解説です。 「萩桔梗(はぎききょう)」の解説 玉章(たまづさ)とは手紙のこと。萩桔梗へ恋する男への手紙を忍ばせて、再び恋人と会えるのを待っています。秋の風物を詠みこみつつ仲秋の侘しさと切…

端唄「玉川(たまがわ)」歌詞と解説

日本舞踊で有名な端唄「玉川」の歌詞と解説です。 端唄「玉川」の解説 玉川から引かれた水で産湯を使った事を誇る 江戸の女の恋を唄っています。「思い出さずに」とは片時も忘れたことがない、という意味(『思い出す』ことは、一度忘れていないとできないこ…

民謡「おてもやん」歌詞と解説

日本舞踊で有名な民謡「おてもやん」の歌詞と解説です。 民謡「おてもやん」解説 熊本県民謡。「やん」は「さん」「ちゃん」のような愛称。「おてもやん」は地元の娘、富永チモをモデルに、その踊りと三味線の師匠であった永田イネによって作られたといわれ…

民謡「真室川音頭(まむろがわおんど)」歌詞と解説

日本舞踊で有名な民謡、「真室川音頭(まむろがわおんど)」歌詞と解説です。 「真室川音頭(まむろがわおんど)」の歌詞 一、私しゃ真室川の梅の花コーオリャ あなたまたこの町 の鴬よ(ハァ コリャコリャ) 花の咲くのを待ちかねてコーオリャ 蕾のうちから…

【体験談】日本舞踊継続のコツは3つある【恥を捨てよう/人生が変わる】

管理人の梅澤です。私は日本舞踊を「5年」継続しています。 ✅私が日本舞踊をやってみた結果・体が軽くなった・教養が増えた・いろんな年代、職業の知り合いが増えた・仕事のストレス軽減こんな感じですね。週1回の日本舞踊で1回1時間ほど。つまり毎週1…

着付け教室選びの前に、日本舞踊教室という選択もあり【継続がポイント】

「着付け教室」を探している人、ちょっと待ってください。本当に着物を着こなしたいなら、継続して着付けと所作が学べ、毎回そのまま着物でお出かけできる「日本舞踊教室」も選択肢に入れてみませんか? 突然で「は?なんで?」という感じかもしれません。順…

【取材】タカラジェンヌだった私が日本舞踊を生きる使命と決めた理由~ 白鳥佑佳・文京区護国寺・日本舞踊教室『薫乃会』~

護国寺に日本舞踊教室を構え、講師としても活動されている「白鳥佑佳(しらとりゆうか)」さんにお話を伺いました。元タカラジェンヌという経歴を持ちながら、現在は自らの原点である日本舞踊に戻り、日本文化を伝える活動をされている白鳥先生。その理由に…

【取材】日本舞踊の発表会に潜入!

日本舞踊の発表会って、どんなの? 花柳廸薫先生と薫乃会のみなさん 知り合いに日本舞踊の発表会に誘われたけどどんな雰囲気なのか不安 日本舞踊を始めてみようかと思っているけど発表会とかお金かかるって聞いてて不安…実際どうなんだろう 日本舞踊の公演っ…

日本舞踊・人気の記事・カテゴリの一覧です😊

俺の日本舞踊へようこそ!日本舞踊と出会い、より深めるために。こちらでは人気記事とカテゴリをご紹介します。気になるところをクリック! 人気記事ベスト3! 【完全版】日本舞踊初心者のための教室探し8つのポイント【社会人対応) - 俺の日本舞踊 →これ…

長唄「青柳(あおやぎ)」歌詞と解説

日本舞踊で人気の長唄「青柳(あおやぎ)」の歌詞と解説です。 長唄「青柳(あおやぎ)」解説 明治の歌舞伎、世話物(町人社会を題材としたもの)の傑作と言われる「盲長屋梅加賀鳶(めくらながやうめがかがとび)から。 主人公・梅吉の妻の不義密通をでっち…

端唄「梅にも春」歌詞と解説

日本舞踊で人気の端唄「梅にも春」の歌詞と解説です。 端唄「梅にも春」解説 ひとりの女性の恋のワンシーンを切り取った端唄。新春の風物を織り交ぜながら、人影に恋人を追い、やがて恋人に会えた素朴な喜びを描きます。 季節はお正月。「梅」は新春の季語。…

長唄「関の小万(せきのこまん)」歌詞と解説

日本舞踊で人気の長唄「関の小万(せきのこまん)」歌詞と解説です。 長唄「関の小万(せきのこまん)」解説 この曲の本名題を「四季花笠踊(しきのはながさおどり)」といいます。若い女形が花笠をかぶり、また両手にも持って踊るテンポの早い二上り(三味…

端唄「香に迷う(かにまよう)」歌詞と解説

日本舞踊で人気の端唄「香に迷う(かにまよう)」の歌詞と解説です。 端唄「香に迷う(かにまよう)」解説(意訳) 梅の香にはいつも心惑わされる。軒端にその香りが漂う梅には鶯(匂い鳥)が。逢瀬を待ちわび、年が明けてあなたから届いた嬉しい恋文。あな…

民謡「茶切り節(ちゃっきりぶし)」歌詞と解説

日本舞踊で人気の民謡「ちゃっきり節」の歌詞と解説です。 茶切り節(ちゃっきりぶし)」解説 『ちゃっきり節』は、作詞:北原白秋、作曲:町田嘉章による日本の民謡(新民謡)です。1927年(昭和2年)、静岡市近郊に開園した狐ヶ崎遊園地(後の狐ヶ崎ヤング…

日本舞踊界で過去の所属流派を紹介するとクレームが来ることへの疑問

かねてより疑問があります。過去に所属した流派を離れ、独立したり今は別の流派に属している方の複数から、 「プロフィールに出身の流派を書くと、前の流派にはばかられる」 「クレームが来かねない」 「教えてくださった師匠に迷惑がかかる」 という声を聞…

清元「お祭り(申酉(さるとり))」歌詞と解説

日本舞踊で人気の清元「お祭り(別名:申酉(さるとり))」の歌詞と解説です。 山王御祭礼図(歌川広重) 清元「お祭り(申酉(さるとり))」の解説 日枝神社(公式HPより) 江戸の三大祭(浅草の三社祭、神田の神田祭、日枝(ひえ)神社の山王祭)のうち、…

死と芸術と日本舞踊

今日は死と芸術の関係について考えたいと思います。人によっては、少しショッキングな内容かもしれませんので、最近知り合いを亡くした方や、怖いのが苦手な方には辛い内容になるかもしれませんので、記事を閉じていただけると幸いです。 芸術の役割は「死」…

長唄「末広狩(すえひろがり)」歌詞と解説

日本舞踊で人気の長唄「末広狩(すえひろがり)」歌詞と解説です。 長唄「末広狩(すえひろがり)」解説 「末広がり」とは扇のこと。同題の狂言からとられた作品です。 この曲では「女大名」と「太郎冠者(女大名の家来)」、「傘売りのすっぱ(素っ破、詐欺…

【取材】東京・埼玉でひっぱりだこ!心優しい熱血師匠~花伎稀世花(はなぎきよか)/埼玉(越谷市・せんげん台)~

埼玉越谷市、せんげん台駅の日本舞踊教室、「花伎舞踊研究所(はなぎぶようけんきゅうじょ)」へ取材に行ってまいりました! 花伎稀世花(はなぎきよか)先生はすごくきさくで熱い先生です。お子様からシニアの方、プロの芸者さんまでたくさんのお弟子さんに…

【取材】アクション俳優から日本舞踊家へ180°の転身!~千翠珠煌(せんすいたまき)/千葉(市川市・八幡)~

千葉県の市川市、八幡の日本舞踊教室「千翠珠煌舞踊研究所」へ取材へ行ってまいりました。 千翠先生はアクション俳優から日本舞踊の世界へ。伝統を大切にしつつ指導者として、そして表現者としてさまざまな挑戦をされています。 ぜひ、最後までお読みくださ…

日本舞踊の発表会を見に来た人が味わう恐怖の三重苦について

今日はちょっと切ない話をあえてしようと思います。それは、日本舞踊の発表会に初めて来た人のわりと大半が味わう恐怖の三重苦「聞きとれない、理解できない、ノれない」についてです。会場によってはここに「足が痺れる」が加わって四重苦になります。苦し…

日本舞踊の発表会を見に来る方に、事前に稽古の動画を公開するのがイケてるという話

今回は「日本舞踊の発表会を見に来る方には、事前に稽古の画像や動画をシェアするのがイケてるという話」をします。ちょっと長いですね。詳しく説明します。 稽古の画像や動画をシェアするとどうなる? 日本舞踊の発表会を見に来てくださる方に、事前にその…

長唄「鷺娘(さぎむすめ)」歌詞と解説

日本舞踊で人気の長唄「鷺娘(さぎむすめ)」歌詞と解説です。 鈴木春信「鷺娘」 長唄「鷺娘(さぎむすめ)」解説 日本舞踊の演目として不動の人気を誇る長唄「鷺娘」。人気ぶりに浮世絵の題材にもなっています。一方で物語の詳細は伝えられておらずミステリ…

清元「鳥刺し(とりさし)」歌詞と解説

日本舞踊で人気の清元「鳥刺し(とりさし)」の歌詞と解説です。 コトバンクより 清元「鳥刺し(とりさし)」解説 「鳥刺し(とりさし)」とは、鳥のお刺身のこと、ではありません。鳥を獲る仕事、またはそれを生業とする人のことを指します。 江戸時代、小…

【限定募集】日本舞踊/町のお師匠さん100人インタビュー

日本唯一の日本舞踊WEBメディア「俺の日本舞踊」にあなたの取材記事を載せませんか? はじめまして、日本舞踊WEBメディア「俺の日本舞踊」運営責任者の梅澤暁(うめざわさとし)と申します。 「俺の日本舞踊」は2018年、「日本舞踊と出会い、深める」をコン…

育児だから、子育て中だから、介護があるから・・・日本舞踊を諦めようと思っているあなたへ

今日は、育児・子育て、介護などの事情で日本舞踊を諦めようと思っている人へ、というテーマで書きます。今日はメンタル的な話です。 小さな子供がいるから。 育児があるから。 親の介護があるから。 家庭が、仕事が忙しいから・・・ 日本舞踊を辞めていく人が…