俺の日本舞踊

「日本舞踊に関する情報が知りたい!」 このサイトでは日本舞踊を学ぶ人に、初心者向けからベテランの方、子供を習わせている親御様まで、日本舞踊の知識・上達のコツや伝統文化・着物の知識など、知ってて良かった!それが知りたかった!という情報をお届けします。

歌詞・解説

長唄「綱館(つなやかた)」歌詞と解説

綱館(つなやかた)解説 切られた腕を見つめる、伯母に化けた茨木童子と、まだ気づいていない綱 平安時代の武将、渡辺綱(わたなべのつな)と、茨木童子(いばらきどうし)の対決を描いた作品です。 この物語の前段階として、戻橋(あるいは羅生門)で綱を襲…

常磐津「戻橋(もどりばし)」歌詞と解説

日本舞踊で人気の常磐津「戻橋(もどりばし)」の歌詞と解説です。 常磐津「戻橋」の解説 「戻橋」とは、現在の京都市上京区一条通りにある、堀川に架かる橋です。常磐津「戻橋」は、ここに伝わる「渡辺綱と鬼女伝説」に基づいています。 鬼女が復讐にやって…

長唄「鶴と亀 」歌詞と解説

日本舞踊で人気の長唄「鶴と亀」歌詞と解説です。 「鶴と亀」解説 鶴は千年、亀は万年ともに古来より縁起の良いものとされています。 ちなみに、掛け軸などで、甲羅の後ろに毛のような藻が生えた亀の絵をご覧になったことはありますか?あれは「蓑亀(みのが…

長唄「雨の五郎」歌詞と解説

日本舞踊で人気の長唄「雨の五郎」歌詞と解説です。 長唄「雨の五郎」解説 「曾我兄弟の仇討ち」で有名な、曾我時致(そがときむね)が主人公です。 曾我兄弟の弟である五郎(兄は十郎祐成(すけなり))が、鎌倉の遊女で恋人である、化粧坂(けわいざか)の…

長唄「元禄花見踊(げんろくはなみおどり)」歌詞と解説

日本舞踊で人気の長唄「元禄花見踊(げんろくはなみおどり)」歌詞と解説です。 元禄文化を代表する絵師で、浮世絵の祖ともいわれる、菱川師宣「上野花見の躰」より 「元禄花見踊(げんろくはなみおどり)」の解説 1600年代の後半、京・大坂の上方の町人を中…

長唄「羽根の禿(はねのかむろ)」歌詞と解説

日本舞踊で人気の長唄「羽根の禿(はねのかむろ)」歌詞と解説です。 青楼十二時 戌の刻(喜多川歌麿)花魁と禿が描かれています。 「羽根の禿(はねのかむろ)」の解説 「禿(かむろ)」とは吉原に勤める子供のことで、将来、立派な花魁になるべく、花魁た…

民謡「黒田節」歌詞と解説

日本舞踊で人気の民謡「黒田節」の歌詞と解説です。 モデルとなった武将「母里友信(ぼりとものぶ)」の銅像(JR博多駅前) 「黒田節」の解説 筑前の大名で黒田官兵衛の長男、黒田長政の部下と、福島正則の酒席のエピソードを元にした福岡県民謡。 ~~~~~…

端唄「萩桔梗(はぎききょう)」歌詞と解説

日本舞踊で人気の端唄「萩桔梗(はぎききょう)」の歌詞と解説です。 「萩桔梗(はぎききょう)」の解説 玉章(たまづさ)とは手紙のこと。萩桔梗へ恋する男への手紙を忍ばせて、再び恋人と会えるのを待っています。秋の風物を詠みこみつつ仲秋の侘しさと切…

端唄「玉川(たまがわ)」歌詞と解説

日本舞踊で有名な端唄「玉川」の歌詞と解説です。 端唄「玉川」の解説 玉川から引かれた水で産湯を使った事を誇る 江戸の女の恋を唄っています。「思い出さずに」とは片時も忘れたことがない、という意味(『思い出す』ことは、一度忘れていないとできないこ…

民謡「おてもやん」歌詞と解説

日本舞踊で有名な民謡「おてもやん」の歌詞と解説です。 民謡「おてもやん」解説 熊本県民謡。「やん」は「さん」「ちゃん」のような愛称。「おてもやん」は地元の娘、富永チモをモデルに、その踊りと三味線の師匠であった永田イネによって作られたといわれ…

民謡「真室川音頭(まむろがわおんど)」歌詞と解説

日本舞踊で有名な民謡、「真室川音頭(まむろがわおんど)」歌詞と解説です。 「真室川音頭(まむろがわおんど)」の歌詞 一、私しゃ真室川の梅の花コーオリャ あなたまたこの町 の鴬よ(ハァ コリャコリャ) 花の咲くのを待ちかねてコーオリャ 蕾のうちから…

日本舞踊・人気の記事・カテゴリの一覧です😊

俺の日本舞踊へようこそ!日本舞踊と出会い、より深めるために。こちらでは人気記事とカテゴリをご紹介します。気になるところをクリック! 人気記事ベスト3! 【完全版】日本舞踊初心者のための教室探し8つのポイント【社会人対応) - 俺の日本舞踊 →これ…

長唄「青柳(あおやぎ)」歌詞と解説

日本舞踊で人気の長唄「青柳(あおやぎ)」の歌詞と解説です。 長唄「青柳(あおやぎ)」解説 明治の歌舞伎、世話物(町人社会を題材としたもの)の傑作と言われる「盲長屋梅加賀鳶(めくらながやうめがかがとび)から。 主人公・梅吉の妻の不義密通をでっち…

長唄「関の小万(せきのこまん)」歌詞と解説

日本舞踊で人気の長唄「関の小万(せきのこまん)」歌詞と解説です。 長唄「関の小万(せきのこまん)」解説 この曲の本名題を「四季花笠踊(しきのはながさおどり)」といいます。若い女形が花笠をかぶり、また両手にも持って踊るテンポの早い二上り(三味…

端唄「香に迷う(かにまよう)」歌詞と解説

日本舞踊で人気の端唄「香に迷う(かにまよう)」の歌詞と解説です。 端唄「香に迷う(かにまよう)」解説(意訳) 梅の香にはいつも心惑わされる。軒端にその香りが漂う梅には鶯(匂い鳥)が。逢瀬を待ちわび、年が明けてあなたから届いた嬉しい恋文。あな…

民謡「茶切り節(ちゃっきりぶし)」歌詞と解説

日本舞踊で人気の民謡「ちゃっきり節」の歌詞と解説です。 茶切り節(ちゃっきりぶし)」解説 『ちゃっきり節』は、作詞:北原白秋、作曲:町田嘉章による日本の民謡(新民謡)です。1927年(昭和2年)、静岡市近郊に開園した狐ヶ崎遊園地(後の狐ヶ崎ヤング…

清元「お祭り(申酉(さるとり))」歌詞と解説

日本舞踊で人気の清元「お祭り(別名:申酉(さるとり))」の歌詞と解説です。 山王御祭礼図(歌川広重) 清元「お祭り(申酉(さるとり))」の解説 日枝神社(公式HPより) 江戸の三大祭(浅草の三社祭、神田の神田祭、日枝(ひえ)神社の山王祭)のうち、…

長唄「末広狩(すえひろがり)」歌詞と解説

日本舞踊で人気の長唄「末広狩(すえひろがり)」歌詞と解説です。 長唄「末広狩(すえひろがり)」解説 「末広がり」とは扇のこと。同題の狂言からとられた作品です。 この曲では「女大名」と「太郎冠者(女大名の家来)」、「傘売りのすっぱ(素っ破、詐欺…

長唄「鷺娘(さぎむすめ)」歌詞と解説

日本舞踊で人気の長唄「鷺娘(さぎむすめ)」歌詞と解説です。 鈴木春信「鷺娘」 長唄「鷺娘(さぎむすめ)」解説 日本舞踊の演目として不動の人気を誇る長唄「鷺娘」。人気ぶりに浮世絵の題材にもなっています。一方で物語の詳細は伝えられておらずミステリ…

清元「鳥刺し(とりさし)」歌詞と解説

日本舞踊で人気の清元「鳥刺し(とりさし)」の歌詞と解説です。 コトバンクより 清元「鳥刺し(とりさし)」解説 「鳥刺し(とりさし)」とは、鳥のお刺身のこと、ではありません。鳥を獲る仕事、またはそれを生業とする人のことを指します。 江戸時代、小…

清元「神田祭(かんだまつり)」歌詞と解説

日本舞踊で有名な清元「神田祭(かんだまつり)」の歌詞と解説です。 「神田祭」の解説 いまも続いている神田祭 神田祭(公式HPより) 「神田祭」とは現在も、東京・神田明神(神田神社)にて2年に一度行われるお祭りです。神田明神はおよそ1,300年前に建て…

長唄「賤の苧環(しずのおだまき)」歌詞と解説

日本舞踊で人気の長唄「賤の苧環(しずのおだまき)」の歌詞と解説です。 静御前(葛飾北斎) 「賤の苧環(しずのおだまき)」の解説 「義経と静御前」といえば、日本人なら誰しもが知っている、悲恋の物語を思い浮かべるでしょう。長唄「賤の苧環(しずのお…

長唄「吾妻八景(あづまはっけい)」歌詞と解説

日本舞踊、お座敷長唄としても有名な、長唄「吾妻八景(あづまはっけい)」の歌詞と解説です。 吾妻橋 「吾妻八景」の解説 江戸の名所、風物を季節の変化も織り交ぜてうたいあげた、お座敷長唄の名曲。お座敷長唄とは、もともと歌舞伎の伴奏、つまり舞踊曲と…

清元「卯の花(うのはな)」歌詞と解説

日本舞踊で人気の清元「卯の花」の歌詞と解説です。 「卯の花」解説 「卯の花」というと「おから」をイメージしてしまう人が多いと思いますが、これは植物の「卯の花」。正式には「ウツギ」と言います。本州四国九州に広く分布し、春には白く可憐な花を咲か…

舞踊小曲「さくらさくら」歌詞と解説

日本舞踊の手習い曲として親しまれている、舞踊小曲「さくらさくら」の歌詞と解説です。 「さくらさくら」解説 幕末の江戸で、箏の手習い曲として作られました。この歌を知らない人はいない、というほど日本中に知れ渡っている曲で、日本を代表する歌として…

端唄「夕暮れ」歌詞と解説

日本舞踊で人気の端唄「夕暮れ」の歌詞と解説です。 広重の「よし原日本堤」。隅田川に掘られた山谷掘にかかる日本堤を吉原へ向かう人々が描かれています。月には雁。夕暮れ時の風景です。 「夕暮れ」解説 芸者さんが夕暮れの隅田川を眺めている情景を描いた…

長唄「菊づくし」歌詞と解説

日本舞踊で人気の長唄「菊づくし」の歌詞と解説です。 「菊づくし」の解説 子供の手習い曲として踊られることが多いですが、日本舞踊の基本の型や形を学ぶのに最適な曲として年齢を問わず入門曲として学ぶ機会の多い曲です。菊の花があしらわれた花笠をかぶ…

長唄「黒髪(くろかみ)」歌詞と解説

日本舞踊、上方舞(地唄舞)で有名な、「黒髪」の歌詞と解説です。 「黒髪」の解説 愛しい恋人を思って、一人寝の寂しさを募らせる女性の心を描いた歌です。 元の意味はそういう歌詞なのですが、この曲には別の場面で有名になったエピソードがあります。天明…

常磐津「夕月船頭(ゆうづきせんどう)」歌詞と解説

日本舞踊で有名な常磐津「夕月船頭(ゆうづきせんどう)」の歌詞と解説です。 「夕月船頭」の解説 淀川を渡る三十石舟の船頭が主人公の常磐津です。弘化四年(1847年)に四代目市川小團次が江戸・市村座で踊った七変化舞踊「四季写土佐絵拙(しきうつしとさ…

長唄「雛鶴(ひなづる)」歌詞と解説

日本舞踊で人気の、長唄「雛鶴」の歌詞と解説です。 「雛鶴」の解説 幼い雛鶴が巣立ちを迎えた喜びを唄った曲で、ご祝儀ものとしてよく踊られる曲です。 鶴は亀とともに長寿の象徴として縁起の良い動物です。実際に野生の鶴の寿命は20〜30年と他の動物と比べ…