俺の日本舞踊

「日本舞踊に関する情報が知りたい!」 このサイトでは日本舞踊を学ぶ人に、初心者向けからベテランの方、子供を習わせている親御様まで、日本舞踊の知識・上達のコツや伝統文化・着物の知識など、知ってて良かった!それが知りたかった!という情報をお届けします。

日本舞踊をカルチャーセンターで習うメリットとデメリット

日本舞踊に興味がある。初心者だしいきなり教室に通うのは重い気がするし、カルチャーセンターみたいなところのほうが気楽でいいのかな?でもどんなところなんだろう?

日本舞踊を始めたい人に「カルチャーセンター」という選択肢があります。地域センターや公民館、民間のカルチャーセンターの日本舞踊の講座に参加する方法です。

 

この記事では、カルチャーセンターに通って場合のメリット・デメリットを比較しました。

目次

カルチャーセンターの日本舞踊レッスンはどんなの?(参考リンク)

1.カルチャーセンターで日本舞踊を習うメリット

1-1.お試し的に始められる

1-2.都合の良いときに通える

1-3.基本的にグループレッスンなので気楽

2.カルチャーセンターで日本舞踊を習うデメリット

2-1.自分に合った曲が選べるわけではない

2-2.自分のペースでお稽古できない

2-3.ずっと続けて上達するのには不向き

3.日本舞踊が初めての人にカルチャーセンターがおすすめな理由

3-1.体験的に初めて本格的にやりたくなったら教室へ通えばよい

私の通っている日本舞踊教室です。無料体験やってます。インタビュー記事もありますので、よろしければ参考にどうぞ。 f:id:kachidokilife:20190323135414j:plain 

【教室インタビュー】東京両国 松本幸万里(ゆきまり)日本舞踊教室

カルチャーセンターの日本舞踊レッスンはどんなの?

地域の公民館や、民間のカルチャースクールへ通って受講します。レッスンのスケジュールは決まっており、自分の都合で変更はできません。ただしチケット制の場合は自分の都合の良いときだけ通うこともできます。中には着物がなくても動きやすい服装でいいですよ、という講座もあり、着物も事前に購入する必要がありません。

カルチャーセンターでのお稽古は主に1日体験型、複数回チケット制、一定期間期間完結型の3パターンに分けられます。

1日体験型は2~3時間程度で演目の全部あるいは一部分を練習するパターン。

複数回チケット制は例えば10枚つづり40,000円のチケットを最初に購入し、受講するたびにチケットを消費するパターンです。チケットには有効期限がある場合があります。

一定期間完結型は、2ヶ月8回で1曲仕上げる、のようにスケジュールが決まっており、それが終わったら講座終了となります。

参考リンク:

NHK文化センター | 好奇心の、その先へ NHKカルチャー

日本舞踊 | 古典芸能 | 新宿教室 | 朝日カルチャーセンター

講座検索:よみうりカルチャー

1.カルチャーセンターで日本舞踊を習うメリット

1-1.お試し的に始められる

1日体験型、複数回チケット制、一定期間完結型いずれのパターンでも、ずっと通い続けることを前提としていませんので、お試し的にやってみて、合わないな、と思えば自分のタイミングで辞めることができます。教室の場合、一度入って人間関係ができてしまうと辞め辛かったりしますよね。ただし、一定期間完結型やチケット制は、払い戻しができない場合、途中で辞めてしまうとちょっともったいないです。

1-2.都合の良いときに通える

複数回チケット制は自分の都合の良いときだけ通えます。仕事が忙しい社会人の人や、週末忙しい家族もちのパパママでも無理なく自分のペースで続けることができます。教室に入るとおさらい会などもあり、不規則で通ったり長期で休むことが難しかったりします。

1-3.基本的にグループレッスンなので気楽

カルチャーセンターでのレッスンは基本的にグループレッスンです。マンツーマンだと緊張してしまうという人は、複数人でのグループレッスンのほうがリラックスしてレッスンが受けられます。

2.カルチャーセンターで日本舞踊を習うデメリット

2-1.自分に合った曲が選べるわけではない

カルチャーセンターでは講師が決めた講座へ応募するという形で参加します。練習する曲ははじめから決められており、自分でこれがやりたい!と思っても講座がなければ練習することはできません。

2-2.自分のペースでお稽古できない

グループレッスンになるので、自分のペースでは練習できません。周りの上達が早ければ置いていかれてしまうこともあるでしょう。逆に自分が早く覚えても、他の人の進度が遅ければ、他の人の上達を待たなければならず、じれったい思いをするかもしれません。

2-3.ずっと続けて上達するのには不向き

グループレッスンのため、受講生のレベルは毎回違います。レッスン全体のレベルも受講生全体のレベルに影響を受けるので、継続的に上達していくのは受講生のレベルと言う運にも左右されてしまいます。

3.日本舞踊が初めての人にカルチャーセンターがおすすめな理由

日本舞踊を始めよう、という人の三大不安は「なんだかよくわからない」「敷居が高そう」「お金がかかりそう」です。

カルチャーセンターは、期間限定でお試し的に日本舞踊を体験するのにとても向いています。グループレッスンとはいえ、師範(教える人)との距離が近いので、気になること、疑問に思ったことを解決もできます。

3-1.体験的に初めて本格的にやりたくなったら教室へ通えばよい

まず体験的にやってみて、継続してやってみたいくなれば教室に通えばいいんです。合わなければ辞めてもいい。また気になったら体験すればいいそれがカルチャーセンターの良さであると思います。

 

私の通っている日本舞踊教室です。無料体験やってます。インタビュー記事もありますので、よろしければ参考にどうぞ。 f:id:kachidokilife:20190323135414j:plain 

【教室インタビュー】東京両国 松本幸万里(ゆきまり)日本舞踊教室

参考記事

日本舞踊を知る・深める!おすすめ記事ランキング【これからの人も、より詳しく知りたい方も】 - 俺の日本舞踊

 

ツイッターもぜひ、フォローお願いします!ほぼ毎日、日本舞踊に関することをつぶやきす。