俺の日本舞踊

「日本舞踊に関する情報が知りたい!」 このサイトでは日本舞踊を学ぶ人に、初心者向けからベテランの方、子供を習わせている親御様まで、日本舞踊の知識・上達のコツや伝統文化・着物の知識など、知ってて良かった!それが知りたかった!という情報をお届けします。

端唄「祇園小唄」歌詞と解説

日本舞踊で人気の端唄「祇園小唄」の歌詞と解説です。

f:id:kachidokilife:20181129203542j:image

祇園小唄」解説

長田幹彦作詞、佐々紅華作曲。祇園をこよなく愛した長田幹彦が原作の映画「祇園小唄絵日傘」(昭和5年)の主題歌として大ヒットしました。京都の名所、風景を散りばめ京の四季と舞妓の心情を歌います。「振袖」「だらりの帯」は一人前の京の舞妓の証です。

舞妓さんには必須の曲とされており「仕込み」と呼ばれる修行期間からお稽古し、一人前になってからもこの曲を踊らない日はない、というくらいだそうです。歌い出しにも出てくる、東山の円山公園では、毎年11月23日に「祇園小唄祭」が開催され、舞妓さんが祇園小唄の歌詞を朗読し、献花が行われています。

祇園小唄」歌詞

月はおぼろに東山
霞む夜毎のかがり火に
夢もいざよう紅桜
しのぶ思いを振袖に
祇園恋しや だらりの帯よ

 

夏は河原の夕涼み
白い襟あしぼんぼりに
かくす涙の口紅も
燃えて身をやく大文字
祇園恋しや だらりの帯よ


鴨の河原の水やせて
咽(むせ)ぶ瀬音に鐘の声
枯れた柳に秋風が
泣くよ今宵も夜もすがら
祇園恋しや だらりの帯よ


雪はしとしとまる窓に
つもる逢うせの差向(さしむか)い
灯影(ほかげ)つめたく小夜(さよ)ふけて
もやい枕に川千鳥
祇園恋しや だらりの帯よ

関連記事(長田幹彦作詞の曲)

民謡「天龍下れば」歌詞と解説 - 俺の日本舞踊

ツイッターもぜひ、フォローお願いします!ほぼ毎日、日本舞踊に関することをつぶやきす。