俺の日本舞踊

「日本舞踊に関する情報が知りたい!」 このサイトでは日本舞踊を学ぶ人に、初心者向けからベテランの方、子供を習わせている親御様まで、日本舞踊の知識・上達のコツや伝統文化・着物の知識など、知ってて良かった!それが知りたかった!という情報をお届けします。

長唄新曲「初桜道成寺」歌詞と解説

長唄新曲「初桜道成寺」の歌詞と解説です。

「初桜道成寺」の解説

松島庄十郎編・作曲。松島庄十郎は長唄の唄方(うたいかた)であり、邦楽の作曲家、作詞家でもあります。松島流七代目家元。数多くの長唄新曲を作曲しています。

この作品は古い地唄の「道明寺」から歌詞を借り新たに作曲されたものです。

 

「初桜道成寺」の歌詞

花の外(ほか)には松ばかり

暮れ初めて 鐘や響くらん

暮れ初めて 鐘や響くらん

鐘に恨みが かずかず御座る

先ず 初夜の鐘を撞く時は

諸行無常と響くなり

後夜の鐘を撞く時は

是生滅法(ぜしょうめっぽう)と 響くなり

晨鐘(じんじょう)の響きは 生滅滅已(しょうめつめつい)

入相(いりあい)は 寂滅為楽(じゃくめついらく)と響けども

我は五障(ごしょう)の 雲晴れて

 

真如(しんにょ)の月を 眺め明かさん

道成卿(みちなりきょう)は承り

初めて伽藍橘(がらんたちばな)の

道成興行の寺なればとて

道成寺とは名づけたり

山寺の春の夕暮れ来てみれば

入相の鐘に 花や散るらん

入相の鐘に 花や散るらん

去る程に 去る程に

寺々の鐘

月落ち烏啼いて 霜雪天に

満汐程なく 日高の寺々の

江村(こうそん)の漁火(ぎょか)も 愁いに対して

人々眠れば よき隙ぞとて

立ち舞う様(よう)にて 覘い(ねらい)よって

撞かんとせしが

思えば此の鐘 恨めしやとて

龍頭に手をかけ

飛ぶよと見えしが

引きかづいてぞ 失せにける